Wワーク・副業でさらに稼ごう!
メニュー
wワークのデメリット
労働交渉におけるベースアップの復活や最低賃金の引き上げなど、
労働者の待遇が改善されているという報道がありますが、
多くの人にとっては、あまり関係なく、アベノミクスによる賃金アップを
実感できている人はほとんどいないのではないでしょうか。

そんな中、30~40代をターゲットにした雑誌などのメディアで、
副業やwワークが紹介されることも増えています。

副業やwワークによって収入が増えると、
趣味やレジャーをより楽しめる、
住宅ローンの繰り上げ返済ができるなどの
メリットもありますが、一方では気を付けるべきデメリットもあります。

1つ目は、副業やwワークによって体を壊してしまい
本業に支障が出るということです。

副業やwワークとして、引越しなどの単発系肉体労働が人気ですが、
体力がない人だと体を痛めてしまうことがありますし、
体力に自信がある人でも若いときのようには回復しないので、
本業の合間に休みなく続けるには無理があります。

また、平日夜間に仕事をすると、睡眠時間が不足し、
本業で遅刻をしてしまう恐れがあります。

肉体労働が嫌な人は、FXなど副業している人もいます。
FXはじめたい人のためのサイトにもあるように
初心者にも簡単にできますのでやってみる価値はありますね。

2つ目は、所得税がかかる場合があるということです。
サラリーマンの場合、給与以外で年間20万円以上の所得があれば
確定申告をしなければなりません。

そもそも多くの会社では、
社員の副業自体を禁止しているので、
wワークを考えるときには、
まずは勤務先の就業規則を確認する必要があります。
since 2015.12.12 Copyright (C) 2015 Wワーク・副業でさらに稼ごう! All Rights Reserved.